トップページ
littleguy home lineup spec. price features option F.A.Q contact photo
リトルガイ/製品ラインナップ-2018
2018年のリトルガイは、
・エコカーや大型モーターサイクルでもけん引可能なマイポッドにスタンダード仕様と充実装備のマックス
・リトルガイの保守本流ティアドロップスタイルの定番プラットフォームに幅の異なる5ワイドと6ワイド
・本格クロスカントリー4x4荒野へ向かうハードフィールド用のラフライダーに幅の異なる5ワイドと6ワイド
・古き良きアメリカを彷彿とさせるレトロモダンなシルバーシャドゥに幅の異なる5x10と6x10
・リトルガイシリーズ初のギャレーやシンク、ウエットバスルーム装備のリトルガイMaxと
5種類9ラインナップでの展開となった。
リトルガイシリーズラインナップ-2018
My-Pod(マイポッド)
My-Podは大型モーターサイクルでもけん引可能で車内就寝可能な
ハードシェル装備のトレーラーです。

ファイバーグラスボディーとアルミニウムフレームで高剛性と軽量化を
実現した、大型モーターサイクルや軽自動車のような軽量な牽引車
にも理想的な構造とレイアウトのモデルとなります。

居室はダブルベッドサイズの1モデルとなりますが、ベーシックモデルと
標準装備が充実したハイグレードモデルの2種類となります。

Platform(プラットフォーム)
リトルガイらしいティアドロップ型のシンプルな外観と、
Aフレームの位置にスチールメッシュのオープンカーゴ
スペースを装備したベーシックモデル。

豊富なオプショナルパーツでお好みのリトルガイに仕上げて
ください。

居室はクイーンサイズベット並みの内容量の5x10と
キングサイズベッド並みの内容量の6x10の2種類があります。

 Rough Rider(ラフライダー)
そのリフトアップされた車体と大口径オフロードタイヤを
標準装備した外観から容易に想像できるように、ラフライダーが
目指すフィールドは、一般車両が到底到達できないタフな
オフロードエリアです。牽引車量との連結部分も一般的な2インチ
カプラーではなく、よりハードな仕様のリングアイ式となっている
ことからも、一般的なトラベルトレーラーや、ラフライダー以外の
リトルガイシリーズとは趣を異にします。

本格的なオフロードマシンによって到達する、よりワイルドな
フィールドにおいても、テントでは絶対に感じることのできない
対野生獣からの安心感をラフライダーは提供することが可能です。
居室はクイーンサイズベット並みの内容量の5x10と
キングサイズベッド並みの内容量の6x10の2種類があります。

   Silver Shadow(シルバーシャドウ)
クラシカルでまたモダンなスタイルを持つシルバーシャドウモデルは
リトルガイシリーズの中でも、最も目を引く魅力的なモデルです。

流れるようなフォルムのファイバーグラス製レトロフェンダーや
メッキカバーのついた、"あえてスチール製のホイール"など、
古き良き時代のアメリカの雰囲気がアウトドアライフの空気までも
アメリカナイズさせます。

居室はクイーンサイズベット並みの内容量の5x10と
キングサイズベッド並みの内容量の6x10の2種類があります。

Little Guy Max
2018年モデルとして新たに加わったLittleGuy Max。
リトルガイの特徴であるティアドロップスタイルはそのままに
余裕のクイーンベットの他に、シンクやギャレー、ウエットバスルーム
ダイネットも装備したリトルガイ最大サイズのラインナップ

そのサイズから牽引もミドル以上のSUVとなりそうだが、室内だけで
完結できる余裕のサイズはまさにリトルガイのフラッグシップ。

ここまで来ると、もはやリトルガイできないかもしれないが(笑)、
ワンランク上の余裕を携えたゴージャス仕様のリトルガイ。

価格や仕様、受注開始時期は、リトルガイジャパンから発表があった時点でご案内いたします。
littleguy home lineup spec. price features option F.A.Q contact photo
トップページ


LittleGuy Max 参考画像/転載禁止です。
























←こちらにウインドウが表示されない場合は、こちらをクリック